大分のトイレつまり・水漏れ修理なら「おおいた水道職人」 » 別府市に排水詰まりにお伺いしました

大分 地元密着、おかげ様で15年、実績3万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

スタッフの修理報告

別府市に排水詰まりにお伺いしました

2019年02月16日
[依頼場所]別府市幸町
[依頼内容]手洗い排水管の水漏れ修理
[作業時間]30分

[作業前の状況]
以前より、少しずつ漏れていたが、最近になり漏れと臭いが酷くなりつつあるとの事でお電話頂きました。

[作業内容]
①現場を確認させて頂くと、排水管の底部(U管といいます)からポタポタと漏れているのが確認でき、臭いも上がって来ているのが確認出来ました。

②原因として、排水管底部に亀裂が入っており、そこから溜まった水が抜けてしまい、「水封」と呼ばれる現象がなくなってしまい、臭いが排水溝から上がってきたものと思われます。
因みに、U管と言うのが、別名「トラップ」呼ばられるものですが、なぜこの中に水を溜めておく必要があるかご存知ですか?
実は、排水トラップは、排水設備の配管の途中に設けられ下水道の悪臭や硫化水素などのガスを遮断し、屋内へ侵入するのを防ぐ器具や装置でもあり、衛生害虫やネズミなどを屋内に進入させない働きもします。
排水管にはほぼ必須のものではありますが、反面ゴミが溜まりやすくパイプ詰まりの原因になりやすく、そのため清掃のために開けられる構造になっていることが多いのが特徴です。物にもよりますが、流し台・洗面台・雨水配管など固体分の多い場合、ガソリンスタンドなど危険物が流れ出す恐れのある場合、土砂・生ゴミ・グリス・可燃性液体などを溜めるための阻集器を持つものがあります。このような外部への流出を防止するためのものを特にグリース・トラップなどと呼びます。日本では、建築物の配水管には建築基準法施行令129条の2の5により設置が義務付けられています。

内容がそれましたが、上記内容と原因をお客様へご説明させて頂いた所、トラップ交換をご希望されたので、その場で作業をさせて頂きました。

0705EB2F-67A1-4E04-A884-250B16063060
(作業前)



7C180E58-257D-4964-8BCC-DF5C2E70C352
(作業後)

作業終了後、排水テストをお客様立会いのもと行い、無事に水漏れと臭いを回復する事が出来ました。

こういった排水管は、物を当てたりすると折れてしまったり、経年劣化により材質上、配管の肉厚が薄くなったりしてしまいますので、定期的な水漏れ点検が必要です。十分ご注意ください!

お客様より、その日にきて作業していただいたので、大変助かりましたとお喜びのお言葉を頂きました。

少しでも気になる事や不安に感じたらいつでも水道職人にご相談ください!

大分のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おおいた水道職人(大分水道職人)」

【対応エリア】

大分市 別府市 中津市 日田市 佐伯市 臼杵市 津久見市 竹田市 豊後高田市 杵築市 宇佐市 豊後大野市 由布市 国東市 a href="/t-hayami/">速見郡 玖珠郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おおいた水道職人(大分水道職人) 0120-492-315

おおいた水道職人(大分水道職人) 0120-492-315